分譲に伴う給水管引き込み工事

【工事場所】 小田原市小八幡

【工事期間】 2020.05.18〜

【工事内容】 新築,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 


給水管分岐のための水道本管穿孔状況|分譲地給水引き込み工事

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

 

給水管配管状況|分譲地給水引き込み工事

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

 

舗装状況|分譲地給水引き込み工事

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水閉止,ガス引き込み工事,ガス管閉止,マンホール工事,マンホール穿孔,新築工事,給排水設備工事,給排水設備工事,下水道引き込み,給水管引き込み,上下水道引き込み,給水管布設,水道管布設,融着工法,ポリエチレン管,水道本管,水道引き込み工事,水道取り出し工事,掘削工事,給水管布設、水道管布設、融着工法、ポリエチレン管、水道本管、水道引き込み工事、水道取り出し工事、掘削工事、上下水道引き込み、上下水道取り出し、公共ます設置,ポンプ交換,ポンプ給水管,閉止,撤去,取り出し,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替、合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換


有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

 

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

 

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

 


●水道について

不動産調査の中で、インフラ関係(水道・電気・ガス・下水道)の調査は非常に重要なものの一つです。

ここでの水道とは、下水と区別して飲料水・上水道を指すことにします。

 

●水道の調査について

ただちに利用可能な施設として利用できる水道は3種類あります。

公営水道:自治体が運営している水道

私営水道:公設の水道管のない地域に多い。いくつかの不動産の所有者で利用・管理している水道。

井戸:自分の敷地の井戸水を飲料水として利用している場合。

 

●配管状況

前面道路配管と敷地内配管などの状況の項目はしっかりとした調査が大事です。

対象物件の敷地内配管・前面道路配管の口径を調査します。

敷地内配管とは、前面道路配管から敷地内メーター類まで引き込まれている配管のことです。

 

●調査すること

前面道路の埋設管の位置・口径・(材質)・深さ

敷地内への引き込み管の位置・口径・(材質・年度)・深さ

私設管の有無(管の所有者について)

所有者によって変わる水道管の種類

公設管:自治体が所有して、自治体が維持管理する

私設管:個人で埋設して個人が所有して、個人が維持・管理する

私設管を利用する場合、設置者の承諾を得る必要があります。

整備予定金・負担金

水道管を引く予定の場合は整備予定金が、私設管の場合は負担金が発生することがあります。

 

●水道管の調査方法

水道管管理図面を取得し、合わせて取得できるときは宅内図面も取得します。

昔は引き込み管の口径は13mmが主流で水道局にもよりますが、再建築時には20mmか25mmに増径するように指導されることもあり、工事代は通常自己負担となります。

アパートの場合は50mm程度の口径が必要になることが多いです。

引き込み管の材質についても調べます。

塩化ビニール管、鋳鉄管、鉛管、ステンレス鋼管、ポリエチレン管などがあり、鉛管は毒性があるために取り換えるように指導されることもあり、工事費は通常自己負担となります。

東京都においては、明治31年の近代水道の開始と同時に給水管として採用されていましたが、ステンレス鋼管などの普及・採用の流れにより、平成7年3月31日をもって全面禁止となりました。

既に住んでいる方が鉛管かどうか知りたい場合は、住所・氏名・電話番号・お客様番号などを担当の水道局支所給水課または、サービスステーションなどへお問い合わせすれば調査の上、回答してくれます。

水道管理図面は公設管の埋設状況を示す図面であり、敷地内への引き込み管の詳細についてはわからないことが多いです。

他人地利用・他人管埋設については、宅内図面でしっかり確認いたします。

他人地利用と他人管埋設の場合は、その土地の所有者が変わることによって制限がかかったり、隣地などへの配管があるために建築に制限が出ることもあるので、注意が必要です。

前面道路から自分の敷地に直接引き込み管を引き直してもらうのが得策ですが、費用がかかるために容易に事が運ばない恐れもあります。

引き直してもらえるのであれば、再建築時に引き直すことの同意書を書いてもらうという方法もあります。

引き直しの費用については、助成金などがないか水道局などに確認したほうがよいでしょう。

1宅地1引込の原則があります。

引き込み管が複数ある場合だと、再建築時などに撤去する費用がかかることもあります。

水道工事には、大きく分けて「給水管引き込み工事」と「屋内配管工事」があります。

給水管引き込み工事は道路の給水管から敷地内の水道メーターまでの工事のことです。

屋内配管工事とは水道メーターまたは、第一止水栓から蛇口までの工事をいいます。

これらの一連の工事を「給水装置工事」と呼びます。

宅内引き込み管を新たに引く場合、増径する場合は自治体によって加入金が発生することがあります。自治体によっては水道加入金の制度がありません。

さらに引き込み工事代金がかかってきます。

前面道路の配管が送水幹線(水を遠方地域に送るための大きな管)の場合は、引き込み管と直接接続できなことがあるために確認が必要となることもあります。

私営水道の場合は、管の維持費、使用者変更手続きの方法、公営水道になる予定がないかなどの確認をします。

井戸水を使用している場合は、飲み水として利用しているか、保健所などの定期的な水質検査の有無と費用などを確認をします。

 


【工事担当者】

当工事は、小田原市小八幡にて空き地の分譲に伴う水道給水管の引き込み工事になります。引き込み管は一般住宅用の20mmのステンレス製の給水管になります。給水管は現在新規で分岐する管などはステンレス製がスタンダートの管種となっており、劣化しにくく、その性能は全国の共通となりつつあります。

弊社、申請から施工舗装工事まで全て一貫して請け負う形になりました。

何も問題なく、最後は綺麗舗装工事まで終え、無事に施工を終えました。

 

スドウ工営なら、神奈川全域・東京都・静岡県東部、上水道指定工事店・排水設備指定工事店・ガス指定工事店の免許を所有しておりますので、新築工事に伴うガス・上下水道の引き込み工事など、1括して受注することが可能です。

特に、弊社はバックホウや車両・重機など全て自社完結する体制を整えております。また、弊社では完全自社施工で施工するため、コストを抑えることができます。

全ての工事を一括して請け負うことができる・自社施工体制・自社重機車両保有を行うとともに、申請などの業務から施工〜完成と全て自社完結できます。

スピーディかつ丁寧安心な工事をお考えの方は是非一度スドウ工営までお問い合わせください。


【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

 


 

【指定工事店及び指定水道業者】

神奈川県県内の小田原市、湯河原町、真鶴町、箱根町、開成町、大井町、南足柄市、松田町、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、大和市、座間市、海老名市、厚木市、伊勢原市など指定工事店及び指定水道業者です。

【排水設備指定工事店】

神奈川県県内の小田原市、湯河原町、真鶴町、箱根町、開成町、大井町、南足柄市、松田町、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、大和市、座間市、海老名市、厚木市、伊勢原市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////