単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

【工事場所】 葉山町
【工事期間】 2021.05.29~ 06.03
【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事
【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17


単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

古い水道管から水漏れが起きる原因

水道管が漏水してしまう原因の中には、木の根っこが成長し水道管に巻き付いて破壊してしまうといった特殊なパターンもありますが、基本的に水漏れの原因となる事柄は大きく2種類に分けることができます。

水道管の老朽化

給水管や排水管が水漏れを起こす原因の中で最も多いのは、水道管の老朽化です。
1950年代まで使用されていた鉛製の水道管である鉛管は、他の金属でできた排水管に比べて腐食が進みにくい性質をしています。しかし使用され続けた年月の長さを考えると、腐食が進行し破裂を起こしてもおかしくありません。
ある時期に一斉にそのあたりの水道管が作られたという場合、その内の1ヶ所の水道管が老朽化によりトラブルを起こすと、必然的にその周辺の水道管もすべて老朽化が進んでいるといえます。
漏水事故が起こった場合、その1箇所だけを修理すれば解決するというわけではなく、同じ時期に作られた配水管全てが老朽化による水漏れを起こす可能性を秘めた危険な地域ということになってしまうのです。

家やマンションの場合も全く同じことが言えます。一室で老朽化による水漏れ事故が起こった場合、それをきっかけに他の部屋でも老朽化による漏水事故が続けざまに発生することがあります。なぜなら、同時期に作られた排水管であるため、同時期に限界を迎えたからです。
水漏れの原因が老朽化である場合は修理を行う際に、水道管全体を新しい素材である塩ビ管への切り替えを検討する必要があります。交換の費用はかかりますが、長い目で見れば最も効率が良い方法になります。

つなぎ目のゆるみや劣化

水道管のつなぎ目部分から水漏れが発生するケースもあります。

水道管と水道管をつないでいるナットが緩んでしまっていたり、長期間の使用によって水の流れを止めるためのパッキンが劣化してしまったりすることによりじわじわと発生する水漏れです。車が多く通る場所の地下にある水道管や、人が頻繁に歩く床の下にある水道管などは、振動によって少しずつナットが緩んでしまうことがあります。
また、ナットと水道管の間にあるゴム製のパッキンが長期間の流水によって少しずつ劣化し、隙間が生じてしまうことによって水漏れが発生することもあります。この場合はじわじわと水漏れするタイプなので、突然水道代が上がることはありません。そのため漏水しているとは知らずに払い続けていたということにつながります。

物が詰まる

主に下水管で発生しやすい症状で、水道管の中に髪の毛や食べ物のカスなどが詰まり、それが水の流れをストップさせてしまい不必要な圧力がかかってしまいます。
これが水道管の破損につながるのです。

地震

大規模な地震によって水道管が破損するというケースもあります。
大きな地震が発生した直後に、近所の道路にある水道管や、自宅の水道管に亀裂が入ることがあります。

漏水をチェックする簡易方法

水道管は普段目に見えないところにあります。そのため、水漏れが発生していたとしても水道代が突然異常なほど上がったり、浸水したりしなければ気づくことができません。
重要なのは、水漏れの兆候が現れた時に素早く察知して修理を行うということです。
下記に該当するような症状がないかどうかをチェックしてみてください。

☑床が水浸しになっている
☑床にシミができている
☑排水管の接続部分から水が垂れている
☑洗面台やシンクの下から、水が流れてくる
☑水道代が最近高い
☑洗濯機の排水溝から不快なニオイがする

これらの項目に当てはまるものが1つでもあれば、水道管が水漏れを起こしている可能性があります。
しかし、これは簡易的なチェック方法なので、これに当てはまらない場合もあります。

漏水をチェックする確実な方法

上記の項目に該当していなかったとしても、水漏れが発生しているということもあります。厳密に漏水のチェックを行いたい場合は、このような手順を踏んでみてください。

1:家の中の全ての蛇口を閉める。
2:蛇口を閉めた状態=水が流れていない状態で水道メーターの「パイロット」確認しに行く。

アナログ式の水道メーターの場合、中心より少し下の部分にある中心に赤い丸がついた金属のパーツがパイロットです。
アナログ・デジタル併用式のものは、真ん中より少し左側にある中心に赤い丸がついた金属のパーツがパイロットです。

家の中で水が流れると、このパイロットが回転します。
そのため、全ての蛇口を閉めた状態にもかかわらず、このパイロットが回転しているということは、水が漏れているということになります。
古い排水管を使用している家にお住まいの方は、1週間に1回のペースでこのチェックをしてみてください。
異変にすばやく気付くことができれば、漏水の被害を受けずに済むかもしれません。

単独浄化槽とは?

単独処理浄化槽(みなし浄化槽)

単独処理浄化槽はトイレの汚水のみを処理し、浄化する浄化槽です。

BOD除去率65%以上、放流水のBOD濃度90mg/L以下であることが定められています。 単独処理浄化槽の種類はいろいろあります。下記は、作られた年代の順にあげています。

腐敗タンク型

単独処理浄化槽のなかで、一番最初に作られた浄化槽です。 汚物を浮遊・沈殿させて分離し、嫌気性処理する一次処理装置、汚物を分離した後の 上澄水を好気性処理する二次処理装置をもち、その組み合わせで12通りの種類が あります。空気を送るブロワーを必要としないため、電源装置がありません。 また、腐敗処理を伴うため発生する臭気の拡散と、槽内の通風を確保するため、 臭突が設置されているのが特徴です。


浄化槽とは・・・

「浄化槽」は、し尿と生活雑排水(台所、洗濯、風呂等の排水)を沈殿分離や微生物の作用によって処理し、それを消毒し、河川などの公共用水域等へ放流する施設をいいます。

平成13年4月1日から浄化槽法の改正により、「合併処理浄化槽」の設置が義務づけられています。

既に設置されている単独処理浄化槽を使用している方は、合併処理浄化槽の設置に努めることとされています。

従来はし尿のみを処理する「単独処理浄化槽」も含め「浄化槽」と定義されていましたが、平成13年4月1日からは、すべての生活排水を処理する「合併処理浄化槽」のみが「浄化槽」と定義されました。

※自家用車1台分のスペースがあれば設置でき、工期も短期間(1週間程度)ですみます。

合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の違い

川の汚れる原因を皆さんはご存知ですか?

県内の川は、家庭から流れ込む排水が汚れの約7割を占めています。

単独処理浄化槽は、トイレの排水しか処理できません。台所や風呂場等からの排水は処理しません。

台所からカップラーメンの残り汁を流せばそのまま川へ流れてしまいます。合併処理浄化槽は、家庭から出るすべての排水を処理します。

このため、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽に入れ替える(「転換」といいます)と、河川の水質に与える影響をおよそ8分の1に減らすことができます。

単独処理浄化槽等を使用している方へ

県では平成29年度末で、合併処理浄化槽約23万基、単独処理浄化槽約27万基が設置されており、総数の約53%を生活雑排水を処理しない単独処理浄化槽が占めています。

皆さんは、ご家庭の浄化槽が「合併処理浄化槽」か「単独処理浄化槽」かご存知ですか?

どちらを使用しているか分からない場合は、ご家庭の浄化槽を確認してみましょう。

単独処理浄化槽やくみ取り便槽等を使用している方は、合併処理浄化槽への転換をお願いします。

県内の多くの市町村で、合併処理浄化槽への転換に対する補助を行なっています。

浄化槽は維持管理が重要です。浄化槽を使用する場合は、浄化槽法で「保守点検」「清掃」「法定検査」の3つを行うことが義務付けられています。

法定検査とは、浄化槽の設置工事や保守点検・清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているかどうかを検査するものです。使用開始後4か月目から5か月間に受検する「設置後の水質に関する検査」(7条検査)と、その後毎年1回定期的に受検する「定期水質検査」(11条検査)の2種類があります。


【工事担当者】

当工事は、単独浄化槽から衛生的な合併浄化槽に切替をする工事なります。

「浄化槽」とは、し尿と生活雑排水(台所、洗濯、風呂等の排水)を

沈殿分離や微生物の作用によって処理し、それを消毒し、

河川などの公共用水域等へ放流する設備のことです。

その浄化槽には単独浄化槽と合併浄化槽の2つの種類があります。

家庭からでる生活雑排水のうちトイレの排水だけを処理するのが単独処理浄化槽です。

そのため、それ以外の台所や風呂場等からの排水は処理しません。

処理されないまま流された排水は川や湖沼、

海の水質汚濁の原因となっています。

台所からカップラーメンの残り汁を流せばそのまま川へ流れてしまうんですね

県内の川は、家庭から流れ込む排水が汚れの約7割を占めています!

川の汚れる原因はそこからなんですね。

そこで登場したのが合併処理浄化槽。

単独浄化槽から合併浄化槽に入れ替えると、生活雑排水が全て処理され、

河川の水質に与える影響をおよそ8分の1に減らすことができるんです!

側溝へ流す排水は浄化槽により処理されていますので、

悪臭や害虫の発生も抑えられ、生活環境も良くなります。


浄化槽とは!?

浄化槽は、汚い水を微生物よってきれいな水へと分解し、川などへ流す装置のことです。

その昔、トイレの排水は汲み取り式でタンク内に溜められていましたが、水洗トイレの普及により現在は下水道で浄化されて川などに戻されます。

ところが、地域によっては下水道が普及しにくいため、平成29年3月31日時点での下水道の普及率は平均で78.3%**で、20%以上の家庭では使用していない状況にあります。

下水道の整備ができていない地域でも、生活排水はもちろん発生します。それらがそのまま川や海に流してしまうと、水質が汚濁してしまいます。下水道が普及していない場所は浄化槽を設置し、生活排水をきれいな状態にしてから排水しています。

浄化槽解体のキホン

●撤去料金の相場

通常の家庭の大きさのもの(5〜7人槽)であれば建物の解体費用に3〜5万円程度の追加料金が相場です。商業施設などそれ以上の大きさのものは金額がまちまちとなりますので、複数社からの見積り取得をおすすめします。撤去に際しては、汲み取りが終わっていることが前提となります。浄化槽がある建物の解体工事の際は、普段からおつきあいのある浄化槽保守点検業者に依頼をして、浄化槽の汲み取りを事前に行いましょう。

●撤去方法の種類

浄化槽の撤去方法には、「撤去」と「砂埋め」の二種類があります。

●適正な措置は撤去のみ

浄化槽を適正に処分するためには、地中から掘り返し撤去するしかありません。工事着工前には中にたまった汚泥の汲み取りと、浄化槽の清掃・消毒が必要となるため、早めに指定清掃業者に依頼をすると良いでしょう。ちなみに、今回の質問者様は合併浄化槽を利用されているということですが単独浄化槽も同様です。

●砂埋め処分は違法性が高い

浄化槽の処分方法として撤去と併せて一般的なのが砂埋めです。解体工事会社だけでなくハウスメーカーも推奨する方法ですが、このようなやり方は廃棄物処理法違反としてみなされ、不法投棄に該当する可能性が非常に高いといえます。浄化槽は解体工事という産業活動を通じて、産業廃棄物(ゴミ)へと変貌しますが、自分の敷地であっても産業廃棄物を放置することは禁じられています。更に、今回は埋め殺しということですので、見えないのをいいことに放置する不法投棄に該当してしまいます。砂埋めを行っている解体工事会社は、

浄化槽の役割

明治時代は下水をそのまま川に流していたため、皇居のお堀のような周囲に水がある場所は汚臭がひどかったそうです。このため、人の便や汚水が主な感染源となるコレラが流行り、多くの死者が出たことで国は1890年に水道法を作りました。

それから10年後、1900年に日本で最初の下水道法が制定されます。

この法律により生活排水の垂れ流しが禁止され、全国に下水処理場が作られていきました。しかし、広い国土のすべてに下水管を張り巡らせることは困難なため、整備できない家庭には浄化槽の設置が義務付けられました。

浄化槽は汚水をフィルターにかけることで、段階的にきれいな水へと戻すことができる設備です。一般的な水質指標のひとつであるBOD(生物化学的酸素要求量)の除去率が90%以上あり、放出するBOD濃度が20mg/L以下になるよう、浄化槽法施行規則で定められています。

材質はFRPなどのプラスチック製のものが多く、内部にろ材や仕切り板などが配置されています。大きさは家庭用ですと乗用車1台分くらいで、地震などの災害にも強いという特長があります。耐用年数は20~30年と言われていますが、30年を超えて使用されている浄化槽が少なくありません。

単独浄化槽とは!?

昭和30年代後半から50年代にかけて水洗トイレの普及に伴い、し尿処理をするための浄化槽が各家庭に整備されるようになりました。このときの浄化槽は単独浄化槽と呼ばれ、下水道が全国各地に広まった現在も使用しているところがあります。

この単独浄化槽はトイレ排水は処理できますが、生活排水の浄化は行っていません。そのため、平成12年に単独浄化槽の原則新設禁止が定められました。

現在一般家庭にある浄化槽のうち、35%は生活排水全般を浄化できる合併処理浄化槽ですが、残りの65%は単独浄化槽といわれています。単独浄化槽では生活排水を河川に垂れ流すことになるため、早急に合併処理浄化槽へ切り替えなくてはいけません。

浄化槽にはサイズがある

1人が1日に使用する水の量が200Lとされていますので、家族の人数が多いほど排水量が増え、タンク容量の大きい浄化槽を用意することになります。

とはいえ、家族の人数が変わるたびに買い替えることはできませんので、タンク容量は「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理 対象人員算定基準」(JIS A 3302-2000)により、延べ面積あたりの処理対象人員が定められていて、それに合わせたサイズを設置します。

延べ面積130㎡(約40坪)以下の住宅:5人槽

延べ面積130㎡(約40坪)を超える住宅:7人槽

2世帯住宅(台所と浴室が2ヶ所以上):10人槽

マンションやアパート、大型施設などはその利用人数に応じて大型浄化槽を設置しなくてはいけません。大きいものですと2000人槽というものもあります。

浄化槽がないこともある

下水道が行き届いていない地域では浄化槽を使用しますが、全国レベルで見ると少数派といえます。下水道設備が普及するのに比例して、浄化槽の数は年々減りつつあります。これまで浄化槽を使っていた家庭でも、壊れたことで下水道に切り替えるというケースが増えています。

浄化槽を使用しなくなると、そのまま家の土地に埋めてしまう方がいます。中古で家を購入したとき、前の住人が浄化槽を埋めたままにしていたので、気づかないまま下水道を使って生活しているということがよくあります。

実家を引き継いだ際も、浄化槽の存在に気づかないということは珍しくありません。解体工事を行うと、地中に埋設物がないのかも調べますので、比較的浅い場所に埋まっている浄化槽が高確率で発見されます。ご自身が使用していなくても、地中に浄化槽が埋まっている可能性を頭に入れておきましょう。

浄化槽は管理義務がある

浄化槽はただ設置すれば終わりではありません。きちんとメンテナンスをしないと、浄化槽内に汚物が溜まっていきます。不衛生な状態が続くだけでなく、フィルターも詰まってしまいますので、下水が流れないというトラブルが発生しやすくなります。

このため、浄化槽は浄化槽法という法律に基づいて、正しく管理することが国により義務付けられています。生活環境を悪化させないためにも、浄化槽の管理は次のことを守らなくてはいけません。

4ヶ月に1回以上は保守点検を行う

使用開始後3~5ヶ月以内に「設置後等の水質検査」を行う

1年に1回の定期検査を受ける

浄化槽の電源を切らない

浄化槽の機能を妨げるものは流入させない

上記以外にも、守らなければいけないことが細かく定められています。点検や清掃、検査はすべて管理者が行うことになっています。面倒に思うかもしれませんが、管理を放棄していると浄化槽法の規定違反で罰則を受けることになります。

改善措置や使用停止の命令を受けても無視した場合は、6ヶ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課せられます。さらに、行政庁の立ち入り検査を拒んだり、嘘の報告をすると30万円以下の罰金となります。浄化槽を撤去するときの費用相場

浄化槽を撤去するときの費用相場

浄化槽のメンテナンスが大変なので下水道に切り替える、もしくは家の解体などで浄化槽を撤去すると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?撤去を考えている方は気になるところですよね。

5~7人槽:3万~7万円

一般的な家庭の浄化槽撤去にかかる費用の相場は、3万~7万円程度です。この金額は解体工事と一緒に行うと、浄化槽単体で撤去するよりもやや高くなることがあります。さらに、浄化槽の最終清掃が済んでいないと、さらに費用が上がります。

浄化槽の中は汚物が詰まっている状態ですので、そのまま捨てるわけにはいきません。専門の浄化槽清掃業者に依頼して、内部を洗浄した上で撤去します。浄化槽の清掃費用には2万~4万円程度かかりますので、最終清掃が済んでいないと、トータルで10万円くらい必要になると考えておきましょう。

ちなみに、解体工事の途中で地下埋設物として浄化槽が発見されると、追加費用が発生することがほとんどです。地中埋設物に関しては、解体業者が前もって説明してくれるはずですが、浄化槽が埋まっていることを知っているのであれば、見積もり時にきちんと伝えておきましょう。

更地にする方は必ず浄化槽を撤去しましょう。撤去することで解体工事費は上がってしまいますが、埋まったまま放置すると不法投棄として罰せられることもあります。

浄化槽の撤去方法とは

使わなくなった浄化槽は撤去することになりますが、その方法は大きく3つに分けられます。それぞれに特徴がありますので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

全撤去

最もシンプルな撤去方法が全撤去です。浄化槽内の部材や装置、浄化槽本体をすべて取り除きます。手間と時間がかかるため費用は高くなりがちですが、業者によっては上半分だけ解体することもあります。上半分だけの撤去は費用をおさえることができますが、地中にモノが埋まっていることに変わりありません。

いずれ土地を更地にするときは、すべて取り除くことになります。浄化槽はプラスチックなどで作られていますので、放置していても土に還ることもありません。撤去するのであれば全撤去がおすすめです。

埋め戻し

埋め戻しは浄化槽の部材や装置を取り除き、本体を2/3ほど残して地中に埋めてしまう方法です。浄化槽の汲み取り・洗浄を行った後、底に穴を開けて地中に戻します。

全撤去と比べると費用をおさえられるため、埋め戻しで処分する方が多いようですが、土地の売却時には、再度掘り起こして浄化槽を撤去しなければいけません。

使わなくなった浄化槽を取り除くだけの予算がないときなど、一時的な回避方法として考えておいてください。 ちなみに汚物が残った状態で埋め戻を行った場合は、自分の土地であっても不法投棄扱いになってしまいますので、洗浄をした上で埋め戻すことが大切です。

埋め殺し

埋め殺しは埋め戻しに似ていますが、部材や装置を取り除かずにそのままの状態で埋めてしまいます。こちらも浄化槽の中に汚物が残っていると、不法投棄扱いになってしまいます。ただ埋めるだけですのでもっとも費用が安い方法です。

但し、土地を売却する際に撤去しておかないと、後々トラブルになることがあります。地盤沈下の危険性もありますので、土地を手放すときは撤去しておきましょう。

浄化槽の撤去には届け出が必要です

すでに説明しましたが、浄化槽は法律によって管理されています。このため、どこの家で浄化槽が使用されているのか、国(実際には自治体)が状況を把握しています。

現在、全国に何台の浄化槽があるのか、という情報をきちんと掴んでいますので、廃止するときは届け出を掲出する必要があります。

届け出そのものはそれほど難しくありません。都道府県のホームページや各自治体などに浄化槽使用廃止届出書が用意されていますので、浄化槽を廃止してから30日以内に知事宛てに提出します。

廃止を届け出てないと、浄化槽があるものとみなされて、点検や検査などの案内が届いてしまいます。浄化槽の使用を停止して、下水道に切り替える際は、速やかに届け出ましょう。

浄化槽の撤去では補助金が出ることもある

合併処理浄化槽では、撤去する費用は自己負担ですが、単独浄化槽は全額負担しないで済む方法があります。単独浄化槽は新規の設置は認められていませんが、日本にはまだ多数の単独浄化槽が残っています。

今でも単独浄化槽を使っている家は、汚れた生活排水を垂れ流し続けている状態のため、国は単独浄化槽を合併処理浄化槽に換える、下水道に切り替える際は撤去費用の補助を行っています。


■質疑応答について

Q1.なぜ合併浄化槽へ入れ替えたほうが良いのですか?

A.川の汚れる一番の原因は、家庭から出る生活雑排水です。単独浄化槽ではトイレしか処理しないため、その他の家庭排水はそのまま川へ流れています。合併浄化槽は家庭排水をすべて処理することができるので、単独浄化槽のお宅より放流水の汚れが1/8になります。そのため市町村も合併浄化槽への転換を勧めています。

Q2.合併浄化槽に入れ替る際の工事費用はどれくらいですか?

A.標準的な工事で、条件が良い場合は90万~100万円位でできる場合があります。配管の長さ、浄化槽の大きさ、その他特殊工事により費用が追加されます。

市町村により異なりますが補助金制度があるので、お客様のご負担金は少なくなることがあります。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。

スドウ工営ならお客様自己負担額0円が多数!!

Q3.工事期間はどれくらいかかりますか?

A.標準的な工事の場合、工期は4日~7日位かかります。工事中に水の使えない時間帯がありますが、お住まいの状況に支障のないよう、ご相談しながら工事を進めていきます。

Q4.役所への手続きとかはありますか?

A.役所への申請手続きなど、様々な手続きが必要となりますが、お客様に代わってすべての申請手続きを弊社で代行いたしますのでご安心ください。

Q5.合併浄化槽にすると、年間のランニングコストは変わるのですか?

A.単独浄化槽より合併浄化槽の方が総容量が増えるため、汲み取り清掃料金は若干上がります。金額は、現在依頼している清掃会社などへご確認下さい。

Q6.入替の工事費用を分割ローンで払いたいのですが、大丈夫ですか?

A.リフォームローンがありますので、ご相談ください。

Q7.なぜ浄化槽が割れてしまうことがあるのですか?

A.ほとんどの浄化槽はFRP製なので、経年劣化により槽本体が弱くなります。土圧、木や竹の根、ブロック塀等の構造物などにより本体に負荷がかかり、亀裂が入ることがあります。その亀裂から槽内水が漏れ出すと、汚水が地下に浸透してしまいます。

導入配管、マスも破損している場合が多くあります。合併浄化槽に入れ替えるときには、導入配管、マスも勾配を取り直し、新しい配管にします。

Q8.浄化槽の不具合があり入れ替える場合、同じ場所に合併浄化槽を入れ替えしても大丈夫なのですか?

A.新しく浄化槽を埋設する場所は既存の浄化槽を撤去したあと、不具合があった原因を考慮して再発しないよう施工します。最新の浄化槽は強度が上がっており、割れにくい素材で作られています。

Q9.入れ替える場所が駐車場なのですが、車が乗っても大丈夫ですか?

A.合併浄化槽の本体は2t車まで乗っても大丈夫ですが、場合によっては支柱を立てて工事を行います。

通常、弊社の新設する合併浄化槽はクボタ社の製品を利用しているのですが、設置施工にあたりクボタ社の製品は非常に優れています。

というのも、浄化槽の流入と流出の管の高さが同じ高さという設計で作られていること、そして基礎が必要とされている中でクボタ社では自社開発した基礎コンクリートの底盤があることが挙げられます。

施工では問題なく、配管・コンクリートなど、全て綺麗に仕上がり、お客様にもご納得いただけました。

自治体からの補助金を利活用することで、お客様のご負担金は限りなくゼロ円に近く工事を行うことができます。

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替をお考えてのお客様は是非、一度ご連絡いただきますようお願いします。

弊社、有限会社スドウ工営では「どうして、市町村の自治体が補助金を拠出するのか」を考えてみました。

スドウ工営の見解:各地域自治体

大前提として、東京オリンピックやSDGsなど国際の機会が多い中で、世界を牽引する先進国日本として、衛生面に著しく長けていたい。という考えの中で、

「下水道本管を敷設する費用を拠出するのなら、合併浄化槽へ切り替え補助金を拠出した方が安く済む」という見解だと考えています。

スドウ工営にできることは何か

弊社は以前より浄化槽工事を小田原市、箱根町、湯河原町、葉山町、開成町、松田町、山北町、秦野市、厚木市、南足柄市、厚木市で行なってきました。

浄化槽メーカーのクボタさんとは長年にわたるお付き合いの中で、特価にて仕入れができるようになりました。

その特価で仕入れることが可能となった現在なら、お客様に低コストでの施工をご提示、施工ができるようになったのです。

先進国日本が最大限に発信できる2020年オリンピック開催や国際目標のSDGsを2030年までに達成しなければならない最中、地域で住み暮らす皆様のご協力で「おもてなし日本」「世界に誇る日本」の実現に繋がるとスドウ工営は確信しております。


単独浄化槽は、新設が禁止されております。

単独処理浄化槽は、汚濁負荷の大きい雑排水を未処理で放流するだけでなく、し尿による汚濁負荷も大きく、くみ取り便所を用いてし尿処理施設で処理される場合よりも逆に汚濁負荷を増大させるものであるため、公共用水域の保全に対して大きな弊害となっています。特に単独処理浄化槽が新設されれば、水環境の汚染が長期間固定することとなるので、早急に禁止する必要があります。このため、生活排水対策への社会的意識の高まりに対応して、単独処理浄化槽の新設禁止のために浄化槽法を改正し、平成13年4月1日より施行しています。

一方で、合併浄化槽とは?

合併処理浄化槽はトイレの汚水だけでなく、台所、お風呂の生活雑排水も一緒に処理する浄化槽のことです。BOD除去率90%以上、放流水のBOD濃度20mg/L以下になります。

初期のころは浄化槽の容量が大きく、設置には大きな敷地が必要で、設置する場所が限られていましたが、現在は小型化しています。

つまり、行政の見解では、下水道本管を敷設しない場所については単独浄化槽から合併浄化槽へ切り替えてください。という風に解釈することができます。

弊社では、自社バックホウ 、自社スタッフによる自社施工で確実な技術者が品質の高い施工をご提供いたします。

また、スドウ工営なら浄化槽メーカーからの買い付ける値段が非常に安く抑えることができます。独自ルートから仕入れているため、地域最安値の自信があります。

神奈川県内 小田原市、厚木市、山北町、秦野市、葉山町などの市町村で

単独浄化槽から合併浄化槽の切替工事は、是非一度弊社にお問い合わせください。



井戸ポンプとは、井戸水を汲み上げるために必要となるものです。昔ながらの「手動ポンプ」と、楽に汲み上げることができる「電動ポンプ」があります。ポンプのタイプも井戸の深さによって異なり、大きく分けて「浅井戸」と「深井戸」で異なります。さらに、深井戸ポンプにはジェット式と水中式とがあり、汲み上げる仕組みが違います。

家庭用井戸ポンプの仕組み

まず、井戸ポンプの「水を吸い上げる原理」について説明していきましょう。井戸ポンプは、シリンダ内のピストンが往復し、圧力をかけて井戸水を押し上げます。

この原理を分かりやすく説明すると、ストローと同じ原理です。ストローの場合、口で吸いこむことによって、ストロー内の空気が抜かれて真空になります。すると、飲んでいる液体表面にかかる大気圧のはたらきによって、液体は吸い上げられます。

次に、「水を吐き出す原理」です。井戸ポンプは、吸い上げた液体を吐き出す(押し出す)ために、バルブでコントロールされています。水鉄砲と同じ構造だと想像してください。

その仕組みは、ピストンが上に上がる時に井戸側のバルブが開き、ピストン側のバルブが閉じます。すると、先ほどのストローの原理によって、水がシリンダ内に吸い上げられます。この時にピストンよりも上にある水がポンプの外に押し出されるのです。

ピストンが下がる時には、井戸側のバルブが閉じ、ピストン側のバルブが開きます。そして、ポンプの外に押し出す力をためていきます。この一連の動作を繰り返して、水を汲み上げるのです。これが、井戸ポンプの仕組みです。

家庭用井戸ポンプを設置するメリットとデメリット

家庭用の井戸ポンプを設置するには、メリットとデメリットがあることを知っておきましょう。

メリット

水道代が節約できる

年中通して、適温

非常時(断水時)でも水が使える

デメリット

井戸の設置工事費がかかる

電動式ポンプは、停電時には使えない

定期的に水質検査が必要

水道代が節約できるというのは、最大のメリットでしょう。下水道代がかかることもありますが、それを差し引いても上水道代は節約でき、大幅な水道代の節約が期待できます。

真夏に「井戸水は冷た~い」という経験をされた方も多いのではないでしょうか?地上の温度に左右されない「地下水」のため、年中一定の温度で使用できるのも魅力の一つです。

そしてなんといっても、災害時や渇水時などの断水・取水制限の時に水が使えるというのも、大きなメリットです。過去の災害を経験された方が、防災・減災の観点から、家庭用の井戸を設置したという話もよく聞きます。

デメリットに目を向けますと、やはり掘削工事費等の設置工事費がかかることが一番目立ちます。仕方のないことではありますが、後のメンテナンス費用も含めて業者に見積もってもらい、必要かどうかを検討しましょう。

また、電動式ポンプは停電時には使えないので注意しましょう。手動式のポンプならば停電時でも使えるので、非常時をメインに考えるならあえて「手動式を選ぶ」というのもいいでしょう。

最後にデメリット3の「定期的に水質検査が必要」とありますが、この結果によって用途が制限されてしまうことがあります。飲用できるか?洗濯に使えるか?風呂に使えるか?等、水質によっては思うように使えないこともあります。

井戸ポンプで汲み上げる地下水の仕組み

井戸水とは、言い換えれば「地下水」のことを指します。地下水は、土砂や岩石、粘土などから構成される「地層」にしみ込んだ雨水が、粘土や岩盤などの水を通さない層のところで溜まってできます。その水が溜まっている層を「帯水層」と呼びます。

地表に近い部分にある地下水を「不圧地下水」と言います。不圧地下水は常に、雨や河川から水が補給されているのです。ただし、汚染はしやすいという点は否めません。

そして、不圧地下水よりもさらに奥深くにある地下水を「被圧地下水」と言い、太古の昔にできた帯水層です。そのため、水質が非常によくてミネラル分を多く含みます。深層にあるので、汚染はしにくいと言えます。

井戸ポンプで汲み上げた地下水の使い道

井戸水の使い道は、水質にもよりますが、豊富にあります。

生活用水(飲用、洗濯、風呂など)

農業用水(水耕栽培、散水など)

営業用水(工場、洗車場、理美容室など)

非常用水(災害時の生活用水や、飲料水など)

生活用水に使う場合は、水質が良くないと使えないこともあります。農業用水や営業用水の場合、用途による場合もありますが、幅広く使えます。水を大量に使用することが多い、農場や工場などでは必需品と言っても過言ではないでしょう。

種類①浅井戸ポンプ

深さが8メートル以内の「浅井戸」には、手動ポンプ・電動ポンプ共に利用できるために種類も豊富にあります。電動ポンプでは、蛇口の開閉によって自動で運転をコントロールするタイプや、冬場の凍結防止装置が付いたものなどあります。

種類②深井戸ポンプ

8メートル以上の深さがある井戸では、手動ポンプは対応できません。よって電動ポンプでの対応となります。電動なので、電源が必要になることがポイントです。農場のど真ん中などの電源が確保しにくい場所では、電気工事にコストがかかることもあります。

種類③深井戸ジェットポンプ

ジェット式とも呼ばれる「深井戸ジェットポンプ」。深さが8メートルから20メートルの井戸に対応できます。井戸ポンプ本体のそばに、モーターがあり、吸込管と圧送管の2本の管があることが特徴です。

大気圧を利用した吸い上げの限界は、約8~10メートルです。それ以上の高さまで水を上げるために、ジェット式のポンプがあります。井戸の水中に配置する「ジェットノズル」が、高速水を吸込管を使ってポンプへ送ります。ポンプに送り込まれた水を、圧送管がジェットノズルへ押し戻し、水を循環させます。

このように、ジェットノズルと圧送管の働きによって、揚水作用を引き起こして水を吸い上げる仕組みです。

モーター音が「うるさい」、という近隣トラブルが昔はよくあったそうです。しかし、現在は非常に改善され、静音タイプやサイレントタイプなど進化したポンプもたくさんあります。

種類④深井戸水中ポンプ

モーターを水中に設置し、地上にあるのは水を上げてくる揚水管と制御する装置だけです。ジェットポンプは2本の管を使用したポンプですが、水中ポンプは揚水管1本の管のみです。水中にあるモーターが水を押し上げ、揚水管を使って地上に送る仕組みです。

深さ20メートル以上の井戸でも使用でき、40メートルくらいまで対応できる機種もあります。モーターが水中にあり音が聞こえないため、近隣トラブルなどの心配はありません。


浅井戸

硬い岩盤の上にある地下水を利用する10m程度の深さの井戸で、主に家庭菜園やガーデニングなどの生活雑用水に使用されることが多いです。水質等の基準をクリアしていれば生活用水として使用もできます。岩盤を掘削しないため、比較的少ない予算で設置できます。

深井戸

通常30mより深い岩盤の下の地下水からくみ上げる井戸で、水温は一年中15~17℃くらい。水質や水量が安定しているため飲料水や生活用水に使用でき、世代を超えて長く利用できます。

井戸を設置するメリット・デメリット

注目を集めている井戸ですが、もちろんメリットばかりではありません。デメリットも知った上で導入を検討してください。

井戸のメリット

● 水道代の節約

井戸水は無料で使い放題。電動ポンプの電気代だけで利用でき、ガーデニングや庭での水遊びなどで下水に流さない場合は下水料金もかかりません。

● 夏は冷たく冬は暖かい

水道水は夏は生ぬるく冬は凍てつく冷たさになるのに対し、井戸水の温度は一年を通して一定なので快適に利用できます。

● カルキ(塩素)が含まれない

消毒されていないため、飲用に適した水であればカルキ臭さを感じずにおいしい水が飲めます。

● 災害時にも使える

たとえ断水した時でも、トイレや手洗いに利用することができます。手押しポンプを設置しておけば停電時でも使用できます。

井戸のデメリット

● 設置費用がかかる

クラシアンで扱う井戸ポンプは本体料金・設置作業費で112,750円(税込)から。新設の場合はこれに掘削作業が加わり、トータルすると約20万円からと見込んでおく必要があります。深井戸の場合は100万円近くかかることもあります。

● 停電時に水が使えなくなる

電動ポンプを利用していると水がくみ上げられなくなります。生活用水をすべて井戸水に頼る場合は自家発電機を用意するか、手押しポンプを取り付けるなどの備えが必要です。

● 水量が少ない場合がある

豊富な地下水があるかどうかは、井戸を掘ってみなければわかりません。

● 井戸水がきれいとは限らない

深井戸では高確率で飲料可能な地下水が出ますが、保証はできません。工事完了後の水質検査で飲用に適しているかどうかの判定を受ける必要があります。浅井戸の水には一般細菌や大腸菌、環境汚染物質が流れ込んでいる可能性もあります。

● 金属が溶け込んでいることがある

深井戸の水には鉄やマンガンを多く含んでいることがあり、洗濯に使用すると洗濯ものが黄ばんだり黒ずんだりします。

井戸の設置方法

一般家庭の場合、揚水ポンプの吐出口内径が25mm以下であれば役所への届け出は不要です。節約のために自分で掘る方もいらっしゃいますが、10m近くも地面を掘り下げるのは大変な重労働。職人複数名でも1日1メートル程度しか掘れませんので、井戸掘りは専門業者に依頼しましょう。

1. 井戸の場所を決める

周辺に障害物の少ない場所で、配管工事をする場合は配管しやすい場所が良いでしょう。井戸のサイズは一般的にφ50~150mmです。

2. 1mくらい穴を掘り、鞘管を設置する

井戸掘り道具は市販やレンタルでも扱われています。

3. 水が出るまで掘り進める

水が出てきた穴に塩ビ管を差し込んで管を固定し、井戸ポンプを設置します。


現在の浄化槽には、必ずブロワという機械が設置されています。人間で言えば心臓にあたるほど、浄化槽にとっては非常に重要な役割を担っています。

●微生物へ酸素を供給

浄化槽には、家庭から出た汚水を空気が好きな微生物の働きによって汚れを分解し、きれいな水にするための部屋があります。この微生物が死滅してしまうと、浄化槽としての機能が失われてしまいます。

微生物が呼吸する為の酸素を供給することが、ブロワの1番重要な役割です。

●浄化槽内の循環・移送

浄化槽の内部の汚れを分解する槽には、担体・接触材と呼ばれる微生物を繁殖させる場所があります。汚水を効率的に分解するためには、この担体・接触材の微生物へ汚水を接触させる必要があります。ブロワから送られる空気の力を利用して汚水を撹拌することで、浄化槽内を循環させて汚水の分解を促しています。

また、担体や接触材に微生物が増えすぎてしまうと、逆に分解を妨げてしまいます。そのようなことにならないよう、空気の力で強制的に剥離させます。

そのほか、分解処理後に発生した汚泥を所定の溜める槽へ移送するエアーリフトにも利用されています。

●失敗しないための3か条

まずは「風量」を調べよう

ブロアの「風量」とは、ブロアから送り出される空気の量のことです。「空気量」「吐出空気量」と表記されることもあります。

例えば「風量60」とあれば、1分間に60リットルの空気を送り出す能力があるということです。風量はブロアで最も重要なスペックと言えます。

まずは必ず、ご家庭のブロアの風量をご確認ください!

●1つ口か、2つ口か?

浄化槽ブロアには、本体に配管をつなぐ「口」が1つのものと、2つのものがあります。新しいブロアをご購入の際は、必ず、今までお使いのブロアと同じ口数のものをお選びください。

また2つ口のブロアの場合、それぞれの口に「散気」と「逆洗」と記されていますが、その左右の位置は製品によって異なります。新しいブロアは必ず、今までのブロアと口の位置が同じものをお選びください。

●メーカーは同じでなくてもOK

「交換するなら、やっぱり今使っているのと同じメーカーのブロアでなくちゃ……」

そうお考えの方は多いと思います。でも実は、ブロアの風量や口数が同じであれば、必ずしも同じメーカーの製品でなくても構いません。スペックを十分確認した上で、よりお買い得なブロアをお買い求めください。

ただし2つ口のブロアをお使いであった場合は、「散気」と「逆洗」の位置がメーカーによって異なるため、同じメーカーの製品を選んでおくのが無難でしょう。

●浄化槽ブロアの交換手順

【1】配管をはずす

ブロアと、浄化槽の配管が取り付いている箇所を確認します。

(地中にある浄化槽から、配管が地上に突き出ていて、L字管または直管でブロアとつながっています)

ブロアの電源を切った後、ブロア本体と配管をつないでいるホースを外します。

★必ず電源を切った後に行ってください!

【2】新しいブロアを置く

古いブロアを撤去し、同じ場所に新しいブロアを据え置きます。

ブロアは大きさの割に重たいので、特に女性の方はご注意ください。最も風量の小さいタイプ(大晃機械工業 JDK-30)でも4.3kgあります。

【3】配管をつなぐ

ブロアと配管を、元の通りにしっかりとつなぎます(新しいブロアに付属のホースをお使いください)。

★2つ口のブロアの場合は、「散気」「逆洗」を決して間違えないようご注意ください!

ブロアの電源を入れ、しばらく稼働させて問題がなければ完了です。


下水道用硬質塩化ビニル製ますとは

ノコギリやトーチランプを用いて塩ビ管を加工する熱間工法は究極のハンドメイドの技。サイズや流水パターンなど、用途ごとに多くの品揃えを必要とする塩ビマスが工場生産化されるまでには、まだ何年もの歳月が必要でした。

下水道用硬質塩化ビニル製ますの基礎知識

塩化ビニル製ますは、その名の通り硬質塩化ビニル樹脂を射出成形機と金型によって成形したもので、塩ビ管と接合することにより浸入水を防止するとともに、耐久性に優れた下水道管路を構築できる製品です。

また、コンクリート製のマスに比べて遥かに軽量で、配管場所の省スペース化(狭小場所での設置)や施工効率のアップ、コスト削減を図ることができます。

下水道用硬質塩化ビニル製ますの用途別の種類

下水道用硬質塩ビ製宅地ます(ハイスイマス)

軽量でコンパクトな硬質塩化ビニル製の宅地マスです。

狭小地での施工に抜群の威力を発揮します。

水密性、耐久性に優れた排水管路を構築できます。

豊富なインバートが揃っています。


排水管の清掃や交換が必要なのはこんなとき

トイレの詰まり

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、食べ残しや携帯電話、タオルなど「流すべきでないもの」を流したりした場合、詰まりの原因になることがあります。

トイレの排水管に汚れがたまっている場合、トーラーや高圧洗浄で管内をきれいにすることで詰まりを解消できます。

配管の勾配不良による詰まり

排水管は、水が自然に流れるように適度な角度をつけて設置されていますが、この角度が変わると水が流れずに途中で溜まったり、逆流したりしてしまいます。

排水管の破損による詰まり

排水桝(はいすいます)がコンクリート製の場合、経年劣化などで割れてしまったり、排水桝と排水管の接続部に隙間ができたりして、ペーパーや汚物が引っ掛かり流れなくなってしまうことがあります。また、植物の根っこが隙間から侵入して排水管をふさいでしまうケースもあります。

排水管工事の内容と費用感

排水管工事の内容と費用感弊社で排水管の工事対応を行う際の標準作業料金は、1メートル以内の場合20,000円(税別)です。1メートルを超える場合、1メートルごとに5,000円(税別)が加算されます。

そのほか、工事の内容に応じて料金が変動します。設置する管の長さや排水桝の個数、掘削作業量、コンクリートのはつり量、モルタル補修量などに応じて料金が異なります。

どれくらいの距離を修理する必要があるかは、トラブルの症状によって変化するため、状況に応じてお見積もりいたします。

また、排水管を設置する際、建物の構造によっては給水管を一度取り外さなければ作業ができない、という事態が起きることがあります。このようなケースでは、給水管の補修費用が発生することもあります。

排水桝の取り換えが必要な場合も

「排水桝」の取り換えが必要な場合も排水管交換工事を行う場合、「排水桝」の交換が必要になるケースがあります。ここでは排水桝の役割と交換が必要なケースについて紹介いたします。

水まわり専門業者が排水管の修理や点検をする際、まず排水桝を調べます。排水桝を見ることで、どの排水管がトラブルの原因になっているかを見分けることができます。

排水桝は庭などに設置されていることが多く、ふたが地表に露出しているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

古いタイプの排水桝はコンクリート製で、幅が約30~40センチあり、四角や丸い形のものがあります。

新しいタイプの排水桝は、排水管と同じ塩化ビニルでできているものが増えています。大きさは大小ありますが、設置されているものの多くは幅が15センチぐらいの丸い蓋になっています。

排水桝の取り換え工事の費用

排水桝の取り換え工事の費用排水桝が古くなり破損してしまうと、排水桝の取り換えが必要となります。 特に、コンクリート製の古いタイプの場合は、破損しにくい塩化ビニル製の新しいタイプに取り換える必要があります。

交換費用は、弊社の場合「設置費、撤去費、材料費等すべて込みで1ヶ所あたり35,000円(税別)」というのが通常交換の価格で、排水桝の深さが50センチ以上になると、40,000円(税別)となります。

また、排水桝まわりの土を掘削する必要がある場合は、1メートルあたり5,000円(税別)の費用がかかります。

表面が土ではなくコンクリートで固められている場合は、まずコンクリートを壊す必要があります。コンクリートを剥がす作業(はつり)は、コンクリートの厚さ10センチ、1平方メートル当たり15,000円(税別)です。


公共ますってなに?

公共ますは、みなさんの宅地内に市が設置をしている「ます」で、トイレ、台所、風呂場などの排水を下水本管に流すための管理用の施設です。

公共ますの入替えとは

平成28年10月から建物の新築や増築等に伴う、コンクリート製の外径660mmの古い型の公共ますを塩ビ製の公共ますに入替える工事については、市が費用を負担する制度を設けています。

公共ますの入替えによるメリット

  • ますの小型化による宅地敷地の有効利用が図られます。
  • 密閉性の高いふたになることにより臭いが減少されます。

公共ますの入替え工事を受けられるかた

建物の新築や増築等に伴い、コンクリート製の古い公共ますの入替えを希望される方で、建築敷地を入替え工事が支障なく施工できる状態にできること。


【工事担当者】

お客様はインターネットから弊社を探してくださり、工事お見積もりおよび工事発注をしてくださいました。

工事内容は井戸のポンプアップ用ポンプ交換工事です。

井戸ポンプというのは、井戸水を汲み上げるためのポンプのことを言います。その井戸ポンプは家庭用にも作られています。

手動の「手押しポンプ」と「電動ポンプ」がありますが、どちらにも共通するメリット・デメリットがあります。

メリット

★いつも一定の温度だから夏でも冬でも適切な温度で使える!

★水道代がかからない!

★カルキ臭がしない!

デメリット

★設置費用がかかる

★井戸水が汚れている可能性がある

★洗濯物が汚れてしまうことがある

ピロリ菌がいる恐れもあるので、飲み水に使用する場合は使用する前に検査をしておく必要があります。

井戸ポンプは、浅井戸ポンプ式・深井戸ポンプ式(ジェット式)・深井戸ポンプ(水中式)の3種類があります。

浅井戸ポンプ式の仕組みは、浅井戸ポンプはストローで飲み物を吸う原理と一緒です。

深井戸ポンプ式(ジェット式)は、吸込管と圧力管と呼ばれる2本の管があり、ポンプから井戸に水を送り、送った水はジェットノズルから吸込管に高速水を吹き出す仕組みです。

深井戸ポンプ(水中式)は、井戸水中に設置するタイプの井戸ポンプです。

井戸ポンプの種類について詳しく

井戸ポンプのタイプには、浅井戸ポンプ・深井戸ポンプがあります。浅井戸ポンプは、地表から水面までが8メートルまでの場合に設置し、深井戸ポンプは、地表から水面までが8メートル以上になる場合に設置します。浅井戸の場合、配管1本で汲み上げることができることに対し、深井戸は8メートル以上の深さがあるので、モーターを設置しないと汲み上げることができません。

ポンプ交換工事になら、弊社にお任せください。


有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。


【工事担当者】

当工事は、葉山町の単独浄化槽から合併浄化槽へ切り替える工事になります。
弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。

弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。
弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。

弊社では上水道の引き込み工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。
自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。
そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。

早い!安い!給水管引き込み工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ!
給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!


有限会社スドウ工営
https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア)
http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部
http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事)
https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事)
https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム)
https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム)
https://kiretto-reform.com/


【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。


【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////